ディスプレイ(モニター)の選び方 |解像度|パネル|サイズ|

ディスプレイ|4K|WQHD|フルHD|何インチを買えば良い?

ディスプレイはピンキリですし、4KやらWQHDやら謎の呪文は出てくるし、一体どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。
わたしもいくつかディスプレイを使ってきて、失敗したこともありました。

これを読めばディスプレイの選び方がしゅばばばばっ!と解決します。
初心者さん向けに説明は簡単に、なんとなくわかればオッケー!のレベルでまとめています。

オフィスワーク、ネット、Youtube視聴、エンジョイ勢レベルのゲーム、プログラミング、Webライター、動画編集などの使い方を想定します。

ディスプレイの選び方の結論

WQHD 27インチIPSパネルを選ぶ。
プログラミングは可能であれば2面あると嬉しいです。

理由を解説していきますね!

解像度の違い 4K|WQHD|フルHD

「4K」「WQHD」「フルHD」というのは、解像度の規格です。
簡単に言えば、ディスプレイは点(ドット)の集まりで表示していて、点の密度が高ければきれいに見えます。

解像度
4K=3840×2160
WQHD=2560×1440
フルHD=1920×1080

この中では、4Kが一番きれいということですね。
他にも規格はありますが、一般ユーザー向けではないので割愛します。

一番きれいな4Kを選びたくなるところですが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

4Kディスプレイのメリット・デメリット

率直に言って、きれいであること以外に特にメリットがなく、どちらかと言えばデメリットが大きいです。
あと数年経ったら解消されるかもしれないけれど、現時点では時期尚早といった印象です。

4Kディスプレイのメリット
  • きれい!
4Kディスプレイのデメリット
  • 価格が高い
  • 価格ぶんの価値を見出せるか微妙
  • 字が小さく表示されるので読みづらい
  • グラフィックボードへの負荷が高い

WQHDのディスプレイのメリット・デメリット

4K、WQHD、フルHDの真ん中、現時点の主流ディスプレイなのでちょうど良い!
ちょうど良いってなにげに大切です。
パソコンは性能を追い求めればきりがないけれど、価格と性能のバランスの落としどころを見つけることが大事ですからね。

WQHDのメリット
  • ちょうど良い!
  • 4Kのデメリット、フルHDのデメリットがない
WQHDのデメリット
  • 4Kほどはきれいじゃない
  • フルHDほど安くない

フルHDのディスプレイのメリット・デメリット

安さがメリットです。
今でもフルHDを選ぶ人はそれなりにいますが、妥協すると後悔が大きいポイントです。

フルHDのメリット
  • 2万円弱で買えて安い
フルHDのデメリット
  • 表示できる情報量が少ない

ディスプレイのパネルの種類 IPS|TN|VA

ディスプレイパネル

IPS、TN、VAパネルと言うのは、パネルの駆動方式です。
簡単に言うと画面を表示する電圧のかけ方が違いで、画質と応答速度に違いが出ます。

IPSパネル

今はIPSパネルが主流になっているので、特に理由がなければIPSパネルを選べば良いです。
IPSパネルは視野角が広い(歪まずに見える角度が広い)、色の再現率が高いのが特徴です。

VAパネル|TNパネル

VAパネルは黒の表現が正確ですが、それ以外の色の再現度はIPSパネルほどではありません。
IPSより少し安いし、IPSと比べなければ気になることはないので、値段を少しでも安くしたいならVAパネルを選んでも、ものすごく不満にも感じないとは思います。


TNパネルは応答速度が速いのでガチゲーマー向き。

ディスプレイのサイズのおすすめ

27インチがおすすめです。
お金がある人は32インチも良いけど、やっぱり32インチはまだまだ高いですからね。
でも32インチの場合、対応するディスプレイアームの価格も上がるので、ディスプレイアームの使用を考えている人は、予算に収まるか考えていたほうが良いです。

ディスプレイが大きければ一度に表示できるウィンドウが増えるけど、人間の視界に入る広さには限界があるので、24インチでは足りないな、27インチでももう一声って感じだけれど、32インチまで行ってもそこまで効率上がらないから、27インチが最善かな。

おすすめのディスプレイ

ディスプレイの種類の違いがわかったところで、エンジニアでエンジョイ勢レベルのゲーマーであるわたしのおすすめをご紹介します。
本題とは関係ありませんが、ツクモは領収書の宛名を指定できるので好きです。

USB Type-C搭載のディスプレイ

 

EIZOはディスプレイメーカーでは最高峰と言って良いと思います。
お値段お高めですが、ディスプレイ専門のメーカーで日本産というアドバンテージ、どういう仕組みか圧倒的に目が疲れにくいです。
わたしは長時間ディスプレイを見る仕事なので、目の疲れにくさにお金を払う価値があると感じます。
眼精疲労がひどくて、毎日ホットアイマスクやサプリメントを使ったら、ランニングコストがバカにならないですからね。



PD2705Qはデザイナー向けなので、色が正確です。
デザイナーではなくても、ブログでアイキャッチを作る人、写真の加工をする人におすすめ。
デザイナー向けとは言え入門機に当たるので、プロのデザイナーには物足りないかもしれません。

BenQの他の商品は色の出し方にクセがあり、良く言えばMacっぽい鮮やかさがある、悪く言えば色の再現度が高くない。
PD2705Q、PD2700Q以外は特別良いとは思わないかな。。。

個人的な感覚かもしれませんが、BenQの足は主張が強く意外と視界に入ってきます。
ディスプレイアームを使うのがおすすめです。

USB Type-Cが不要なら少し値段が抑えられる

USB Type-Cが不要なら、少し値段が抑えられます。

特徴はUSB Type-Cのところに書いたことと同じです。

BenQ PD2700QはほぼPD2705QのUSB Type-Cなし版ととらえて大丈夫。
PD2705Qで書いたとおり、デザイナー向けで色の再現度が高いです。

安いディスプレイが良ければDELL直販モデル

安さで選ぶならDell直販モデル。
他のメーカーに比べて極端に安いので怖い気がしますが、全く問題ないです。
よくよく見ると確かに他の商品に劣るところはあるけど、比べなければわからないし、体感する不便さも特にありません。
安さで選ぶなら断然Dellです。

Amazonや楽天にも公式ショップがありますが、Dell公式がちょっとだけ安いです。

ディスプレイの選び方のまとめ

解像度
解像度はWQHD
大きさは27インチ
パネル駆動方式はIPS

ディスプレイはたくさんあるけれど、選択肢としては実はとっても狭いので、これでもうディスプレイ選びは怖くない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA